しんかいのいのち 勇気

8月20日
しんかい読み聞かせイベントを行いました。
くじら号のちきゅう大ぼうけん
およそ25名ほどの方にご来場いただきました。
いつものヨガ道場が深海探査の場になり,
深海からの貴重な標本、、ハオリムシ、コウモリダコ
シロウリガイ、、、
療養しながら書き続ける深海の絵
深海のぬいぐるみがところ狭しと並び
いのちのありかを探る研究者の熱気であふれました。

お魚ランチ
小魚ランチ
デトックスカレー
で潤ってもらうところから
龍宮城の始まりであります。

歌姫ちかさん

くじら号の読み聞かせイベントは今回で130回以上ということでしたが、
とてもパワーあふれる、こころあたたまるパフォーマンスであったと思います。
ゆふがほきらら(乙姫のつもり)よる拙い舞踏で挨拶。
しんかい6500からの映像を用いた佐藤船長(しんかい6500船長)の読み聞かせライブのはじまりはじまり。
石田千佳さんによる心温まる唄(個人的にはいつもなんでも、心のなみだ止まりませんでした)
そしてしんかい6500で10回以上も潜られたという研究者の加藤さんによるギターの音色も混ぜながら、
とても楽しい時間となりました。

終わってからも、チームくじら号を囲んで歓談の場がありました。
加藤博士とおたか船長の絶妙な組み合わせにひきよせられる
不思議な渦を感じました。
個人的に船長の弟玄太さんの映像を龍と見させていただき
深海6500を遣ったコンピューターグラフィック
古代までさかのぼる宇宙体験をした気分でした。

なんちゃて乙姫

参加していただいていないと伝わりにくいところでありますが
皆が素で交われる場所は,究極いのちの源を感じる場ではないでしょうか。
地球のいのちの歴史は40億年前?
そこで出会えた命があって
今のわたしたちがあります。
水の中でゆれてはぐくまれたいのち。
いのちのゆりかご 
深海の読み聞かせイベント
思っていた以上にパワフルであったとの声もいただきました。
ご出演いただいた皆様、またお手伝いしていただいた皆様本当にありがとうございました!!

ワクワクどきどき深海世界旅行

しんかい探求している
JAMSTEC研究員 加藤博士・佐藤船長・歌姫が
ミトコンドリア病の当日参加できなかった方、
たくさんの難病を患っている皆さんにも
届くように、元気オーラいっぱい発信してくれました。
当日はアミノレブリン酸含有ALA社長も参加していただきました。
言葉では尽くせぬいのちへの讃歌があります。

なんだか不思議な力がいっぱい巻き起こりました。

龍が潜水-深海6500のなかまたちと

ミトコンドリア病MELASを患っております、
きららの息子・龍もとても元気をもらったようで楽しげでした。
片付けも見守る龍の姿はいとおしくもありました。

これを機に少しでもミトコンドリア病に関する知識が皆
様にも広まっていただければなと思います。

拙いやり方ですが
ミトコンドリアみどりの会としてなにができるのか
息子や集まってくれる皆さんとともに、すすめていきたい
と思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

くじら号のぼうけん お誘い

加藤博士と龍
8月12日
くじら号読み聞かせパフォーマンス
打ち合わせのため
加藤千明博士が横須賀から来てくれました。
素敵な帽子をかぶって
とても素敵な笑顔で
カフェはにこにこでした。

単に打ち合わせに来てくれたのではなく
私たちと触れ合うことで何かを感じたいとおもって
運んでくださったんだと
よくわかりました。

JAMSTECの貴重な映像の中には
深海の熱水噴出孔の映像がボレロ♪で流され
マグマにつながる海嶺にちりばめられたチムニーが映し出されました。
いのちのありかをみたような
ワクワクどきどきの時間でした。

海の底は月の世界、宇宙の広がりがありました。

その後細胞の共進化、ミトコンドリアの話もいっぱいしていただきました。
当日のイベントでもたくさんの貴重なお話が聞けます。

深海にもぐるとなぜか頭がスッキリして
生きる意欲が湧いてくるという加藤博士。
そんな深海の謎を探りながら
いのちの神秘を感じることは
いのちを元気にする!!!

そんな体験をした
しんかい6500の船長や博士に
どこかで出会って感じて欲しいと思いました。

追伸*
この勢いで
本日13日は新江ノ島水族館に
龍といって、深海を感じてきました。
エネルギーが落ちながらも龍は
海の世界をからだいっぱい感じていました。
(私はイベント志向に走っている水族館のあり方が気になりました。)


— くじら号深海絵本読み聞かせパフォーマンス
日時:2017年8月20日  1時30分から3時30分
つぶカフェは11時30分からオープン午後6時まで
入場無料
予約20名様まで 
ヨガ道場からお願い
おさかなランチ1500円
こざかなランチ1000円
デトックスカレー1500円
予約くださった方優先です。

深海6500にのった船長&博士&シンガーによる深海の世界
深海のいのちってすごい!
私たちの生きる社会からはみ出る豊かな世界
深海のいのち  どひゃー
を感じながら・・・研究する人の
ひととなりもすごい!
自分の感性のぷよぷよしたところに
じゅわーんとはいってくる
この深海の世界を皆で楽しみましょう。

いろんな問題を抱えている現代の私たちを
手のひらで掬っておられる研究者は
エレキギターを持って
アメージンググレース
いつもなんどでも
演奏もしてくれます。
唄 石田千佳

深海のいのち どひゃー イベント

ぴっぴとちっち
こんばんは
先日のみどりの会の親睦会から
飛んでくるミトコンドリアのつぶ
飛んでくる感性のまま
勢いで書き込んでいます。

暑さピークの八月
冷房病、夏ばて、からだだるーい日々。
ミトコンドリアも一番辛い時期
深海を感じるイベント二つ計画しました。
ミトコンドリア病の方もぜひ参加ください。
二つの企画は
メラス患者、龍の絵からつながれた方たちで
ミトコンドリア病に理解を
深めてくださっている方たちです。

ミトコンドリアはとてもふかいいのちのものがたり。

ひとつは
くじら号深海絵本読み聞かせパフォーマンス
深海6500にのった船長さんたちによる深海のお話、
日時:2017年8月20日 午後1時から
つぶカフェは午前11時30分から夜6時まで

龍の入院中に知人が佐藤孝子著「深海生物大事典]
を持ってきてくれたおかげで龍は
深海に心酔していきました。
その後、ダイオウイカ、メンダコ、ユメナマコ、ホネクイハナムシ
シーラカンス、ラブカ、ホウライエソ、デメニギス・・・
何枚も何枚も書き続ける龍を見て、
龍がミトコンドリア病の鍵が深海にひそんでいるのを
探っているのではないかと思うほどでした。
そしてその感性に突き動かされる物を感じてくれる研究者・アーティスト。
パフォーマンスをかき回してしまうかもしれないという龍の状況説明に
むしろ、そこに入り込んで自分たちの見てきた世界を
お披露目したいということです。
根本には日本神話にある龍宮伝説、、、ということ。

参考:
2008年活動以来130回以上の読み聞かせパフォーマンスを行う
国立研究開発法人・海洋研究開発機構
海洋生物多様性研究分野
JAMSTECのくじら号活動報告
https://www.facebook.com/groups/kujirago.fanclub/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
加藤博士・おたか船長よりコメントです。

ミトコンドリアというのは、もともと原始の海に住んでいた海洋微生物が別の細胞と共生して、
エネルギー生産工場としてのミトコンドリアまで、ゲノム縮小進化してきた、
今の私たちの細胞にはなくてなならないオルガネラです。
このオルガネラが、どんどんなくなっていくというのですから、
本当に不思議な病気です。そうした病気の息子さんを見ている、
きららさまのご心痛が感じられます。
なんとか、深海のリゾースなどから新しい薬の開発につながるよう、
私共ももっと頑張らねばと思っております。(加藤博士)

実は、深海生物も、冷たくて高い水圧、さらに餌の少ない厳しい環境に生きておりまして、
例えば、深海魚の中には、ゆっくり泳ぐ種もいて、
あまりエネルギー消費せずに生きる進化をしています。
息子さんも、そんな彼らのマイペースな生き様に、
何か親近感を覚えられるのかな、などと感じてしまいました。(佐藤孝子船長)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

二つ目は
Tommy&美智子
龍宮城  深海の閃き
日時:2017年8月26日 午後4時から
つぶカフェは午後4時から夜8時まで
Tommyと上村美智子:Marche de sons

こちらは大学時代の親友が
小平の病院に何度も訪ねてくれて
全身麻痺から左手がやっとこ動くようになり
そこで描いていた龍の絵をフェイスブックでのせてくれたことが契機
龍の絵をみて仲間だ!と釣られた関西の魚好き音楽家Tommy。
あったかくってでっかい懐で、
龍が通う通所施設 丹沢レジデンシャルホームで演奏、
今回はマニアックでエキゾチックピアニスト美智子をつれてきて
深海生き物からいのちの為に戦い続けるアンパンマンまで
人間界の音ジャズ、ブルース、歌謡曲・・・全ての音のつぶ。。
いのちかけて繋いでくれます。
ミトコンドリア病とはわからないけど、音楽を通じて
ミトコンドリアが感じる世界を一緒に感じたい!!!
是非一緒にゆれましょう!感じあって、互いにないものを補い合いましょう!
Tommy ブログhttp://www.ab.auone-net.jp/~tbtommy/
Marche de sons プロフィール
京都府立大学の先輩・後輩でもある二人の、即興的なんでもデュオ。
0歳児から100歳(以上)まで幅広いファンのために
関西はもちろん、東京、九州、北陸、東北、北海道など、全国演奏行脚中

どちらも
きらら龍宮城舞踏ご挨拶に加えさせてください。

どうぞ皆様のお越しを心よりお待ちしております。

お食事:
おさかなランチ1500円
こざかなランチ1000円
デトックスカレー1500円
お飲み物300円からあります。

駐車場

会場:
神奈川県秦野市堀西858?1
ひまわりヨガ道場
アクセス:
小田急線渋沢駅下車
北口バス堀川停留所下車徒歩5分
車アクセス:東名高速道路秦野中井インターチェンジ下車
左折夢庵左折、どんずまり左折、堀川交差点すぐ先一方通行まっすぐ
細い道降りて自動販売機右折ひまわりヨガ道場看板あり

※ 駐車場は我が家と掘り植木センター2台、岩田家3台
桂林寺駐車場あります。
掘り植木センターは以前tの駐車スペースとは別場所です。
案内必要な方は連絡ください。
090-7196-2751(きらら)

アミノレブリン酸

昨日のみどりの会親睦会でも話題になりました
アミノレブリン酸について追記いたします。
8月3日千葉子供病院の村山先生の診察を受けた際
アミノレブリン酸は、リー脳症に限っての治験なので
メラス龍君は該当者ではないけれど、やってみてはと
治験のアミノレブリン酸とほぼ同じ量が入っている
サプリメントALA25を紹介されました。
早速電話で購入し、龍は次の日から試しています。
たまたまみどりの会親睦会に参加くださった方が
同じサプリメントでアミノレブリン酸を2年ほど入れていて
劇的な改善があったという報告もあり,
又、ミトコンドリア病で悩んでいる方限定のお試し企画を
立ててくださったということで、このブログで
その方の体験談と購入の仕方をお伝えします。

絵を描く龍君

サプリメントについては
費用もかかることですし、副作用がないとは言われていますが
すべて自己責任において、
よく検討していただき
興味のある方は連絡していただきたいと思います。

追伸
龍は昨日お友達になった
ミトコンドリア病の皆さんを思い出しては
いのちの大切さを感じつつ
本日は朝から元気に好きな絵を描いておりました。
どうもありがとうございました。

===================================
アミノレブリン酸 SPE-S ALA25
===================================
–第一回 みどりの会に家族で参加させて頂きました。
自由にのんびりとした雰囲気でみなさんとお話ができ、
とても素敵な会でした。
日常生活の送り方、病院やお薬、治療について等々、
沢山のお話が聞けて、有意義で貴重な時間となりました。

SPE-S ALA25を飲んでいる娘について、
少しでも参考になればと思い娘の様子を書かせて頂きます。
娘は2歳半の時にミトコンドリア病と分かりました。
乳児期から筋力が非常に弱く、病気が分かった時点では
立つこともできない状態でした。
現在も治験の対象外ですが、千葉こども病院の村山先生に
勧めていただいたサプリの摂取を開始してから二年半が経ちます。
娘の現在ですが、発達の退行もなく、病状の進行もなく、
とても元気に成長してくれています。
平均体温が上がり発汗が増え、筋力もぼぼ同年代の子どもに追いつき、走り回っています。
ですが、確実な治療法はまだ見つかっていない難病です。
完全に病気が治った訳ではなく、感染には非常に気を使った生活を送っています。
龍君や娘と同じように、治験に参加できない方も沢山いらっしゃるのではないかと思います。
効果は個人個人違うとは思いますが、娘にはとても合ったものなのではないかと感じています。
SPE-S ALA25を試してみたい方がいらっしゃればと思い、連絡先を記載します。
ミトコンドリア病の旨をお伝えください。
03-3261-6164

ミトコンドリアみどりの会

8月6日 曇りのような晴れ
千葉県から
神奈川県内から
9名
我が家含めて
計14名
参加でした。

あつまって
みんなでわいわいざわざわ
まとまりがつかないけど
とっても楽しい会でした。

千葉子供病院村山先生に
エールもらってましたが
一番は病気と寄り添いながら
楽しく生きること!!
をテーマに
前にすすんで行こう!
という会になりました。

自己紹介から始まり、
みんなの悩みや問題点を話しました。

自分が今どんなに封じ込められ辛い状況か・・・
目も見えにくい、、、
耳も聞きにくい・・・
そのまま直接伝えてくれた患者さんの声はとても心に響きました。

今治験中のアミノレブリン酸の話になりました。
劇的に良くなっているというお子さんは
ミトコンドリア病出もこんな子がいるのかというくらい
活動的でした。

薬の試飲をしようということになりました。
ピルビン酸
タウリンなどみんなでのみあいました。
開発中のお薬はものすごくありがたいけど
こんなにのみにくいんだーーー
とか
クエン酸入れると好きな味かもといっていました。


お茶タイムには
龍の絵の映像と音楽を流したりしました。

それから精神症状の話に発展しました。
体は気持ちにつながっていますので
病の裏にあるマイナスをどうやって払拭していけるか
それはこれからも課題になろうかと思います。

最後は
皆で絵を描きました。
何でもいいから表現がストレス解消になるかもしれない。
体を揺らして
遊ぶ。これもミトコンドリアにはいいですね。

いのちをいろんな角度で見ると
素敵があぶりだされるかもしれない。

今日集まった
男子グループはとても共通点がありました。
風貌や精神面、体の向き。
みな表現は違うけど
きっと感じあう世界葉あるはずです。
そして一生懸命生きています。

皆がそれぞれを認め合い、
病と向き合うとき
マイナスを少しずつ改善することも
免疫力を上げるポイントではないかと思いました。
ミトコンドリアはいのちの本質ですから
ひとつひとつにちゃんと向き合うこと
いのちの原点にいつも立つべきではないでしょうか。


とても個性的な人たちが集まっていますので
楽しみ方もたくさんあります。
魚好きな龍には嬉しい釣り名人のお父さんが来てくれて
水槽の魚を見て龍とたたずんでくれたり、
釣ってきたマグロの魚の写真をみんなで堪能したり
良い時間が流れました。
いつかミトコンドリアみどりの会が
マグロ解体ショーのイベントという日がくるかもしれません。

遠くから皆さんたいへんな中をお集まりくださり
本当にありがとうございました。
介護をする中での会の運営で
皆様にはご迷惑をかけることもありますが
これからもどうぞよろしくおねがいします。

本日のカフェ代金は
これからのみどりの会の運営費に
当てさせて頂来ます。

終わってから一人ひとりのお顔思い出しながら
やはりやってよかったー
たのしかったーと思った夜でした。

アルギニン点滴

みくるべ病院 点滴の様子
-7月28日金曜日
本日 難病ミトコンドリア病患者の診療を受け入れてくれた
みくるべ病院で、アルギニン点滴を始めて受けてきました。

龍は2014年発症したのも高校野球の応援でヘタって
その日の夜中に倒れ、脳梗塞様メラス発症でした。
例年熱さに弱く、
去年は7月に国立の病院に2日のみ検査入院。
アルギニンを点滴で入れてもらいました。
それから落ち着き、在宅介護できてます。
今年も6月終わりから精神症状が悪くなり,
独り言が多く,指示の通りにくい日も数日。
食事が摂り難くなって、
3月から診察を受けている、みくるべ病院にも
アルギニン点滴の依頼をかけました。
久留米大学病院古賀先生のアルギニン治療の資料
と千葉子供病院村山先生の診療情報提供書をもとに
院内全体会議で検討、受け入れることが可能になりました。
ただし難病自体を受け入れることも初めてで
全てが前例にないことだったため
薬剤部のアルギニン受注が遅れ、
やっと昨日アルギニン点滴の運びになった訳です。

本人は興奮すると、深海の話で終始。
興奮と熱気で、ミトコンドリアがヘタリ、
熱弁独り言の後は体だるくなり、さらにミトコンドリアへたります。
やはりアルギニン点滴のお世話になるしかないかも。

アロマのかおり

点滴当日は、家でカフェ アロマワックスバーつくりの企画が入っており、
アロマや参加者の子供たちの元気な声を勇気に代えて
みくるべの山奥にある精神病院にて点滴受けました。
交互に来てくださる先生たちは
みんな龍君の味方だよといってくれます。

受けた当初は辛そうでしたが、
次の日は いつもより食も通りやすく落着いてすごしています。
そして
今日は点滴いらないなどとわがままを言い、
そのことも病院内で受け取ってくださり
わがまま言える、本人も家族もリラックス状態ですごせること
ありがたく受け止めています。

皆さんのアルギニン状況をお聞きしたいです。

どんなときに、どんな風に摂って行くのが望ましいか
拒食で胃酸が出ない状況では
クエン酸はしっかり混ぜながら投薬?
急性期すぎた患者のアルギニンの接収の仕方。
経験のあるかたのお話を是非お聞きしたいです。

龍の在宅療養の様子1

梅雨明けました。
しかしむしむしと迫り来るこの暑さにからだと精神
均衡を保つのに苦労している方が多いのではないでしょうか。
息子龍も7月から精神症状の悪化か独り言多く、
指示が通らないことが多いこのごろ。

発病してから約3年が経過
そのときの龍の状況をかんがみながらで訪問看護・通所サービスも形を変えています。
以前は在宅で過ごすことが基本で、時々図書館に行ったり
自分の好きな観賞魚を見に行ったり、
ビデオ屋さんで見たいビデオを借りたり
週一回来る看護婦さんの経過観察が外部との接触のほとんどでした。

ひも結びを集中している様子(みくるべ看護リハビリの取り組み)
この春から龍の介護状況が変わりました。
調子の良いときは
週3回丹沢レジデンシャルホームという通所施設に送迎付で通い、
週2〜3回、近くのみくるべ病院(精神病院)から
看護師・リハビリスタッフによる訪問看護を受けています。
手のリハビリということで
折り紙の貼り絵、紐結びの練習をしてくれます。
その成果で食事の際左手で茶碗を持つしぐさが出たり
釣り糸を結ぶ動作を自分で行っていたり
(めちゃくちゃにやって糸がこんがらがってる段階ですが)
調子の良いときは自発動作があり集中できる時間を持てます。

そして個人的なつながりで
絵の先生が週一回きてくださり魚の話をしながら
絵を描いています。絵の先生は高齢でご自分のからだも儘なら無いのですが
彼にぴたっと寄り添い、いいぞ!の掛け声をかけてくれています。
その声が怪我うまく乗っかると
とてものびのびとして絵の表現につながり集中した良い時間になります。

その状況に合わせて自宅でもカフェをはじめ、
人とのつながりを家族全体が意識をし
息子の友人や恩師も訪問してくれ
本人と会うタイミングを作っています。

ミトコンドリア病でも息子の場合は
脳の高次機能をはじめ広範囲に症状が悪化したため
からだの機能はまあまあに回復しても精神症状によるためか
生活がスムーズに運ばれない点が家族の悩みです。
入院生活の苦しみから解放されてまずは自宅で暮らせることが一番の幸せ
という原点を忘れないようにしています。

みどりの会

ミトコンドリア 力

2017年7月8日 晴れ
於:全国障害者総合福祉センター戸山サンライズ2回第研修室
ミトコンドリア病患者や家族東京勉強会に参加してきました。

ひとこと
すばらしい体験でした。

龍の弟が勉強会に自主参加しました。
まず始めに後藤先生の話。
難しかったけど
病院と違うお顔があって
からだの声を聞く事の大事さが
あぶりだされている様に思いました。

後藤先生のお話の後、皆さんで輪になってお話をしました。
息子のミトコンドリア病と向き合う母は
苦しくもがく時空を払いのけたい気持ちの連続でした。
発症した3年前、3度目の脳梗塞様発作は入院中に起きました。
ベッドで捨てられた犬のように横たわる息子を見て
病院から家に戻したい衝動に駆られ泣き崩れました。
次の日に病院から看護婦さんから電話をいただき、
息子の様子を見て驚かないようにと釘を刺され出向きました。
何の治療方針も見えない中でただ薬を入れるためだけに
鼻に管を通し、尿管にカテーテルを通そうとする行為からか
昨日の死んだような姿は一転し
息子は特別室で、ののしりながら暴れ狂っておりました。
私は医者や看護婦の手を払い
息子を抱きしめていました。
ー私がひもになるから、むりやりしばらないでー
私は狂気と冷静の紙一重でした。
私はそれから子守唄を唄い
息子と一緒にベッドで横たわりました。
誰も何もいいませんでした
暴れていた息子はスーーと静かに寝入りました。
ーああ、こうやってミトコンドリアはしずまるー
そのとき分からなかったけど
今日の勉強会
同じミトコンドリア病の患者さん本人の生の声を聞いたときに
そのときの息子のミトコンドリアを感じた自分がいました。
これがいのちの原点。
病は苦しいけど
切り岸にたったいのちは訴える力を持っている。
病という局面でなく
その力をパワーに変えることもできる素敵な引力。

輪になってのお話し
ミトコンドリア病を患いながらも真摯に生きる皆さんの姿
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
病気本来の苦しみ等知ることはできないけれど
いのちの原点を感じる場は清い空気が流れる

ぼくひとりぼっち?と寝床で繰り返す
お友達大好きだった天然の龍の
寝息が私の子守唄。

今日出会えた皆さんのお顔を思い出しながら
背中をさする
皆さんからいただいた清いエネルギーが龍の背骨に
リラグゼーションの風が流れる
悩みは違えどお互いの気持ちが分かり合える空気のすばらしさ。
息子の背中を通じて教えてもらいました。

自分のお二人のお子さんの病を見守りながら
患者会を運営する会長さんのご苦労はイかばかりでしょう。
関西での患者会も同窓会のようですとお話しておられたけど
同じ視線で感じあえる場を行くって下さりありがとうございます。

皆さん、たくさんの勇気をありがとう。

力不足ではありますが、私なりにぼちぼち親睦会をやって
皆さんの輪を作っていきたいと思います。
どうぞよろしくおねがいします。

みどりの会

フォーラムでも話が出た東北大学の治療薬について

ミトコンドリア病:筋力低下など、治療薬候補の効果確認

 進行性の筋力低下などが起こる国の指定難病「ミトコンドリア病」に関し、東北大と岡山理科大などの研究グループは、治療薬になる可能性のある物質と作用の仕組みを確認できたと発表した。現在サルを使って実験しており、安全性が確認できれば患者に投与する臨床試験(治験)に入る。欧州のオンライン臨床医学専門誌に論文が掲載された。

 ミトコンドリア病は細胞内の器官「ミトコンドリア」の働きが落ちる病気。エネルギー源のATPという物質が作られにくくなるのが原因で、臓器の障害や筋力低下、発育の遅れなどさまざまな症状が表れる。治療法は確立していない。

 研究グループは、腎臓病患者の血液中にあった物質を改良して治療薬の候補「MA―5」を作製。マウス実験では効果を確かめた。これを患者の皮膚から培養した細胞に投与したところ、25人中24人の細胞でATPの合成が活性化された。ミトコンドリアの表面のたんぱく質とMA―5が結合することで、ATPの合成を後押しする酵素の生成が進むと考えられるという。

 東北大の阿部高明教授(腎臓内科)は「実験段階では副作用もなく、治療薬の候補として有望だ」と話す。
(2017/06/11 毎日新聞 朝刊)

7月カフェスケジュール

ミトコンドリアみどりの会親睦会に向けて準備しております。
どんな空間で、ミトコンドリア病を囲む人たちとどんなことができるのかそんなことを日々考えながら
今行っているつぶカフェのお知らせさせてください。
会場は普段つぶカフェを日時限定でオープンしています。

息子のミトコンドリア病に寄り添うため
毎日の食材は、消化の良いもの,旬の食材を使ったバランス食を心がけています
つぶカフェに出すメニューも、家族が食べる物と同じ
からだと心にやさしいヘルシーランチです。

一 7月つぶカフェスケジュール

7日(金)10(月)
16日(日)舞踏 22日(土) 
24(月)) 28(金) 31(月)

営業時間
24日以外は11時オープン
15時クローズ
24日は16時より舞踏
その後ディナー(アルコールあり)

メニューについて
●お馴染みのデトックスカレー

デトックスカレー(シーフード)

大量のたまねぎ・セロリ・しょうが・にんにく
みじん切りをよーくいため、庭で摂れたゆずや杏のチャツネで風味をつけた、ひまわりアレンジネパールカレーはベジタブルorチキンを選んでね。

●ヘルシーランチ
テーマ
むくんだ体のリセット
冷え性解消→かぼちゃスープ
ミネラルたっぷり→高野豆腐とつぶぞろい野菜のイタリアン風
その他塩こうじ入り料理新陳代謝を促進しおなかの中かきれいになる
メニューを提供します。